COPYRIGHT © 2016  TESUYA TOEI 桐榮哲也 All rights reserved

桐榮哲也(とうえいてつや)
桐朋学園大学を経て、ベルリン芸術大学卒業。卒業後パリに移住。パリ・エコールノルマル音楽院にて高等演奏課程のディプロムを審査員の満場一致で取得後、同音楽院コンサーティスト高等ディプロム課程にて研鑽を積む。これまでに木村徹、加藤智子、練木繁夫、若林顕、ファビオ・ビディーニ、故エレーヌ・ラピツカヤ、ギグラ・カツァラヴァに師事。

サミック・ベヒシュタインコンクール(ドイツ)ファイナリストディプロマ、ナレンチュフインターナショナルフェスティヴァルコンクール3位(ポーランド)、アグロポリ国際ピアノコンクール4位(イタリア)等国内外のコンクールで入賞。

モーツァルトのコンチェルトをポーランドの音楽祭にて,2012年にはルーマニア国立ディヌ・リパッティ交響楽団と定期公演にてラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。2014年秋に再びルーマニアに招かれ同交響楽団とベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」を演奏。ヨーロッパ各地の音楽祭や演奏会にソリストとして出演している。日本ではワルシャワストリングカルテット(ワルシャワフィルハーモニーのメンバー)と東京文化会館小ホールにて協演。2018年2月には「都民芸術フェスティバル」に於いて、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(指揮:高関健)と芸術劇場コンサートホールにてラフマニノフピアノ協奏曲第2番の競演。2019年3月に再びルーマニアにてディヌリパッティ交響楽団とブラームスのピアノ協奏曲第2番の競演した。


銀座王子ホール、東京文化会館小ホール(演奏連盟主催/文化庁助成)、京都青山音楽記念館バロックザール、トッパンホールを始め国内主要ホールにてソロリサイタルを定期的に開催。ラフォルジュルネオジャポン丸の内、大阪追手門学院大学アドバンストリサイタルシリーズなどに出演。これまでに「ムジカノーヴァ」「音楽現代」「ミュージック・ペンクラブ」など音楽雑誌各紙にて「実力勝負の若き音楽家」などと賞賛されている。2017年にオクタヴィア・レコードより1stCD「リスト:ピアノソナタ×シューマン:幻想曲」(OVCT-00139)をリリース。


ベルリン日本大使館で行われた日独交流150周年記念コンサートでは、コントラバス奏者河原泰則氏の伴奏者として出演。近年は室内楽ピアニストとしても高い評価を得ている。自らの演奏活動のほか、後進の指導、コンクール審査員、音楽雑誌への寄稿など幅広く活動している。日本演奏連盟会員、全日本ピアノ指導者協会演奏会員。クラシック音楽コンクール全国大会審査員を務める